頭痛

アットブログ

2022.01.13 更新

寒い

寒い日が続きます。

 

今年はすでに雪も少し積もったし、風が強い日が多い気がします。

 

寒いと、色々と身体にも影響が出てきます。

・筋肉が緊張し、それが過ぎれば痛みが出てきます。

・身体が丸まりがちになる為、姿勢が悪くなります。

・室内外の気温差で、頭痛が出ることもあります。

・免疫機能が落ちてくるので、風邪などになりやすくなります。

 

しっかりと身体を暖めるのが大切です。

 

以下は身体を暖める一例です。

 

・朝に軽く身体を動かす。
ふくろはぎやふとももを軽く動かすことで、血行がよくなり一日中代謝が上がるので、何もしないよりは温かく過ごせます。頑張りすぎず、本当に軽く行うことが大事です。

 

・白湯を飲む
内臓を暖めまる事で、その分のエネルギーを他の事に使えるので身体が動きやすくなります。この状態の方が代謝もあがるので、身体が温まりやすいはずです。ショウガやシナモンを加えることでさらに効果があがります。

 

・カイロを張ってでかける。
首と背中の境目辺り、お腹などがおすすめです。この二か所に貼るだけでもかなり身体は温かく感じます。追加で張るとしたら、足首辺り。首の変わりに背中、お腹の代わりに腰なども良いと思います。

 

ある程度、寒さに触れる事で代謝があがったり、褐色脂肪細胞の活性化が期待出来たりと悪い事ばかりではありませんが、やはり基本的には温めていきましょう!

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.12.26 更新

片頭痛と偏頭痛。

どちらが正しい表記なのでしょうか?

医療機関的には"片頭痛"という表記の方が正しいとされていて、頭痛外来などではこちらの表記が使われいることがほとんどです。

もともと片側が痛くなる頭痛という事なので、こちらの表記一択な気がします。

 

しかし一時的に「偏頭痛」という表記が、広辞苑に乗っていたことがあるらしく、携帯やパソコンの変換でも"偏頭痛"の方が先に出てくる事が多くあります。

ちなみに中国では"偏頭痛"という表記を用いるようです。

あと室町時代の資料にも"偏頭痛"という表記があるようです。

 

どちらでも良いのかもしれませんね。通じないということはないはずですし。

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.10.18 更新

頭痛改善の一つの方法として、セルフケアがあります。

 

症状によっても違いますが、首や肩の張り、目の使い方、姿勢辺りを何とかしていく事で、和らいでいきます。



 


首は変に触ると、痛みが増すことがあります。

が、胸鎖乳突筋と後頭窩筋は軽くもみほぐすのは大丈夫なことが多いです。

 

コメカミや目の痛みなどに有効です。

 

※あくまでも軽くほぐすようにしてください。
※やり方などはお気軽にお尋ねください。

 



肩もほぐして良い所が多いのですが、中には痺れがでる箇所もあるので注意が必要です。

 

しかし肩に関してはストレッチや肩甲骨を動かすようにするのを意識することでほぐれていきます。

 

こちらの方が安全性は高いと思います。

 



 

目を酷使することによって頭痛はひどくなる事があります。

モニタを見ないようにする・目をつむり休める・目をつむり軽い力でマブタを圧迫する・目を温める……などで改善していきます。

 

注意点として、これらの方法を行うと逆に辛くなる事もあります。

 

これは血行が一気に良くなる事で、収縮していた血管が急激に開くためです。

 

しかし、少しずつ緩めていくことで、そういった症状を出さずに、頭痛・身体ともに楽になっていくはずです。

 

気長に挑むのが肝心です。

 

詳しく知りたい場合は、お気軽にお問合せください。

 

姿勢については、また別の機会にご紹介しようと思います。

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
頭痛・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・捻挫・交通事故傷害・むち打ち症・骨盤矯正・産後矯正などご相談ください。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.08.07 更新



一言で頭痛といっても、その性質は様々です。

 

痛みの強さや質などは、主観なので共有する事は難しいと思います。

 

ですが、痛む場所やタイミング、頻度、併発する症状などは共有できます。

 

そして他人の頭痛を知る事で対処法のヒントを得られるかもしれません。

 

以下はこんな患者さんが居たよ、という情報の羅列ですがお役に立てれば幸いです。

 

 

◎50代女性・主婦
左側頭部に強い痛みがでる。
急激な気圧の変化で痛くなりやすい。
酷いと動けなくなる。

 

頭蓋骨の歪みとともに姿勢の歪みも強くありました。頭蓋骨と姿勢を矯正することで、その日の痛みは軽減。気圧に強くなる運動もやってもらい、2週間(4回目の施術)で強めの低気圧が来たときにも薬を飲まずに済むくらいに改善。現在は台風の時期ということもあり、週1回程度の通院を続けています。

 

◎60代女性・介護職
頭頂部に痛みが出る。
最近は頭全体がぼんやりと痛くなる。
痛みがストレスとなっている感じがする。

 

場所的には珍しいと思いましたが片頭痛のようでした。その痛みで不安を感じた結果、緊張性の頭痛も併発していたようです。そもそもの痛みが頭頂部の痛みだったため、頭蓋骨と背骨を整え、緊張性頭痛用の体操をいくつか指導。今のところは頭頂部の痛みがたまに出るくらいになりました。

 

◎40代男性・事務職
去年くらいから頭痛に悩まされている。
そこからじょじょに痛みが増してきた。
頭痛外来に行くも異常なしだったため来院。

 

テレワークになってからの頭痛でした。パソコン作業の影響で首や肩、背中まで張っていました。頭蓋骨の歪みもありましたが、姿勢からの影響の方が強そうでした。施術後は適度に身体を動かす事と、姿勢の指導をしました。歪みがあると緊張性頭痛になりやすいです。

 

 

今回も三例を紹介しました。

ここの所は暑さ、日差し、気圧の上下、運動不足の影響で悩んでいる方が増えています。早めの対処は早めの改善につながりますので、少し調子が悪いなと思ったら、ぜひご連絡ください。

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
頭痛・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・捻挫・交通事故傷害・むち打ち症・骨盤矯正・産後矯正などご相談ください。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.07.06 更新

頭痛外来という言葉を聞いたことがあると思います。

 

漠然と「頭痛になったら行くんだろうな」と分かりますが、具体的には?って感じですね。

 

今回は頭痛外来では、どういう事をするのかをお伝えします。

 

まず頭痛外来の役目ですが、「どんな頭痛か見極める」というものがあります。

 

頭痛には一次性二次性の頭痛があり、

 

・一次性は、頭痛そのものが症状で、命に別状は無い

・二次性は、別の疾患などがあり、その結果起こる頭痛

 

と分ける事ができます。

 

二次性頭痛で身近なのは風邪の時の頭痛です。

 

が、クモ膜下出血脳梗塞髄膜炎といった命に関わる病気が原因な事も多々あるため、しっかりと検査をします。

 

頭痛外来ではMRIやCTによる画像診断、血液検査などを行いますが、まずは問診があります。

 

そこで自分自身の頭痛をしっかりと伝えます。

 

大体以下の項目を把握してから受診するとスムーズかもしれません。

 

 □ 頭痛はいつからあるのか? きっかけはあったか?

 

 □ 頻度はどれくらいか?(月に何回?週に何回?)

 

 □ 一回の頭痛はどれくらいの時間続くのか?

 

 □ どこが痛むのか?

 

 □ 痛みの種類(ズキズキ?締め付けられる?重い?)

 

 □ 痛みの程度?(10段階や動けるか動けないなど)

 

 □ 頭痛に伴う症状はあるか?(吐き気とか肩こりとか)

 

 □ 頭痛が起きやすい条件(気候や食べ物、運動後など)

 

 □ 頭痛が起きる前触れはあるか?

 

 □ 薬は使っているか?その効果は?

 

少し難しいかもしれませんが、自分の状態を把握するためには知っておきたい事でもあります。

 

考えてみてください。

 

そこから各種検査を行い、二次性頭痛の場合はしかるべき診療科を紹介、一次性頭痛の場合はそのまま治療を行います。

 

一次性頭痛の治療内容としては、一般的な鎮痛剤や、病院でしか処方されないトリプタン製剤、高頻度で発生する頭痛には予防薬を処方されます。

 

また頭痛との付き合い方の指導も行われます。

 

まず自分がどんな状態なのかを知る所から頭痛治療は、始まります。

 

その為には一度、頭痛外来に行ってみるのも良い判断です。

 

二次性頭痛の場合はアットでは対応できませんが、一次性頭痛でお困りの方はご相談ください!

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
頭痛・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・捻挫・交通事故傷害・むち打ち症・骨盤矯正・産後矯正などご相談ください。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2021.07.01 更新

ここの所の悪天候……というか突然の大雨が降るような気圧のせいで調子の悪い人が増えています。

こういう天気はしばらく続くし、さらにもう少ししたら台風来るしで、憂鬱な気持ちになっている方も多いかと思います。

そこで気圧に負けない体操というのがあります。

忘れなければ、ずっと続くレベルで簡単なので、ぜひお試しください。

Level:01
仰向けになり足を真上を目指して伸ばす。10秒。



Level:02
仰向けになり足を真上を目指して伸ばし、グーパーする。10回。



Level:03
仰向けになり足と腕を真上を目指して伸ばす。10秒。



Level:04
仰向けになり足と腕を真上を目指して伸ばし、グーパーする。10回。

 

Level:01だけでもOKです。

できればLevel:02まで。

それ以上は、余裕がある時だけで十分です。

タイミングはいつでもOK。眠る前や起床後がやりやすいし、忘れないのではないでしょうか。

その内気圧に負けないようになっていると思います。

とても簡単なので、お試しください!

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
頭痛・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・捻挫・交通事故傷害・むち打ち症・骨盤矯正・産後矯正などご相談ください。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.06.17 更新

アットの頭痛治療は、基本的には優しく頭蓋骨に触るだけです。

 

これだけでも頭痛は軽減していきますが、さらに骨盤・背骨も整えていきます。

 

骨盤・背骨ともに歪みが生じると、頭痛にはもちろん身体の様々な箇所に悪影響を与えます。

 

例えば、姿勢の悪さからくる筋肉のこわばりは、頭頂部や前頭部に痛みを送ることがあります。

 

例えば、下を向いての作業を続けていると、首の前側の筋肉が短縮したまま固まってしまい、それが原因で側頭部やコメカミに痛みが出る事があります。

 

例えば、ストレスがかかりつづけていると大抵は丸まるような姿勢になっていき頭蓋骨もそれに合わせて硬くなってきます。

 

骨盤や背骨を良い状態に保つことで、このような症状を抑える事ができます(……とは言ってもご自身で気をつけてもらう事も多くありますが)。

 

またアットでは自分でできる簡単な体操やマッサージも教えています。大抵の場合は少しめんどくさいだけで、簡単なものを指導していますので、セルフケアも頑張っていただけています。

 

頭痛専門webサイトはこちら!

 

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2021.04.02 更新

久喜市の桜も満開ですね、通勤の際に見える桜も、みんな綺麗に咲いています。

 

この桜の季節、上を見上げる事も通常よりも多いと思います。

 

「上を向いたら首が痛い!」

 

こんな風に感じる方もいるかもしれません。

 

骨の歪みが原因(首だけじゃなく肩甲骨や腰、骨盤の骨が原因なことも……)で痛くなることもありますが、筋肉の可能性もあります。

 

その場合、『胸鎖乳突筋』をほぐすのが有効です。

 

胸鎖乳突筋は耳のやや後ろ(乳様突起)から、首の側面から前側にかけて走り、鎖骨の内側あたりにくっつく比較的目立つ筋肉です。



そこをつまむ、もしくは指をあててほぐすことで、上を向いた時の首の痛みが軽減していくかもしれません。

 

ほぐす際には「ちょっと痛いかも?」くらいの力で良いです。

 

10回×3ヶ所くらいを、左右ともやりましょう。

 

ゆっくりやっても1分かからないと思います。ちょこちょこっとした時間にもできるので、おすすめです!

 

頭痛のタイプによってはこれで軽減するので、頭痛でお悩みの方にもおすすめです!

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.03.19 更新

頭痛持ちの方は多かれ少なかれ頭痛の薬を飲んだことがあると思います。



 

今回は、頭痛薬、主に市販薬の話です。

 

 

市販薬では、

 

・ロキソプロフェン

・イブプロフェン

・アスピリン

・アセトアミノフェン

・イソプロピルアンチピリン

 

……といった成分がよく使われています。

 

ロキソプロフェンは、ロキソニンSという薬の主成分です(というかこれしか入ってない)。
NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれていて、鎮痛作用も消化器への副作用も強いのが特徴です。が、ロキソプロフェンは体内に吸収されてから作用するので、胃腸への副作用は軽減されます。ちなみにロキソプロフェン自体には眠くなる作用はありません。

 

イブプロフェンもNSAIDsのため、鎮痛作用・副作用とも強いのですが、その中でも特に胃腸障害が少ないとされています。NSAIDsはPG類(痛み成分)を出すCOXと呼ばれる物質に作用し、PG類が出るのを阻害します。しかし同時に胃を守る成分が出るのも阻害してしまうため、どうしても胃腸にダメージを与えます。

 

アスピリンはアセチルサリチル酸とも呼ばれる世界で初めて人工合成された医薬品です。こちらもNSAIDsですので胃腸障害には注意が必要です。小児への使用は禁忌とされています。

 

アセトアミノフェンは、作用が穏やかな解熱鎮痛剤です。皮膚の血管を広げて熱を放散させたり、痛みの感受性を下げたりします。NSAIDsよりも効果が緩やかで、副作用も少ないので長期の使用も比較的安全です。強い炎症による痛みには向いていません。

イソプロピルアンチピリンは、ピリン系とよばれる解熱鎮痛剤です。重篤な副作用が出る事があるので注意が必要です。しかし、痛み止めとしてはとても優秀なので、アレルギーがなければ選択肢に入ります。

 

ざっと市販薬によく含まれている成分を紹介してみました。どの薬も効果と副作用があり、そこは常に注意しなくてはいけません。しっかりと裏面、もしくは中に入っている説明をチェックしてから使うようにしましょう。

 

頭痛専門webサイトはこちら!

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

症状別ブログ

2021.02.28 更新

まず、「どこが痛いのか?」「どういう時に痛いのか?」をチェックしましょう。

 

以下の症状の場合は片頭痛が疑われます。
・目の奥やこめかみ、側頭部が痛い
・ズキズキとした脈打つような痛み
・下を向いて軽く頭を振ると痛みが増す
・チカチカ・キラキラした光が見えた(閃輝暗転)

 

緊張性頭痛は、頭が締め付けられるような痛みというのが特徴になりますが、該当しない事も多くあります。

 

また今までに体験した事の無い痛みの場合は、何らかの病気によって頭痛が出ている可能性があるので、脳神経科などの受診をおすすめします。

 

片頭痛の場合は、薄暗い部屋で横になって、可能であれば寝てしまうのが一番です。首やこめかみを冷やすのも効果的です。

 

緊張性頭痛の場合は、首や頭を温めると楽になっていきます。

 

ある程度、落ち着いてきたら、状況をメモしておくことで今後の対策になります。
内容は、日時曜日、天候や気温、疲れ具合や直近で食べた物、何か変わった行動をしたかなどをメモしておくと良いと思います。

 

その後はアットまでご連絡ください!
力になります!

 

連絡先は、
TEL :0480-21-6899
LINE:@req6608x
Mail:attomedical@gmail.com
どの連絡手段でもOKです!

頭痛専門webサイトはこちら!

-----------------------------------------------
予約優先・夜間20時まで診療。
久喜駅徒歩8分・ヨーカドー前・スーパーホテル隣。
休診日:日曜午後(14時まで診療)・水曜日・祝祭日
久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

1 / 4 ページ