アットブログ

アットブログ

2022.04.22 更新

ここの所は暖かくなってきて、身体を動かすのに適した季節になってきましたね。

「運動を始めたよ」という方も増えてきています。

しかし運動につきもののなのが怪我です。

 

足関節捻挫の冷却

 

怪我を防ぐには……

 

・しっかりと身体を暖めてから取り組む

 

・正しいフォームで行う

 

・無理をしない事

 

この辺りに気をつけるのが大切です。

しかし、それでも怪我をしてしまう事が往々にありますよね。

 

今回は怪我をしてしまったら……というお話です。

 

まずは怪我の種類。

捻挫
捻った結果、靭帯など軟部組織を損傷してしまう怪我。足や手に多く見られますが、肩や腰、膝など、関節部分であればどこでも可能性があります。スポーツによって頻度や部位は異なりますが、一度くらいは経験しているはずです。

打撲
身体のどこかを強くぶつけてしまった怪我です。捻挫や骨折なども併発する事があります。ぶつけた結果の怪我なので、身体のどこでも発生します。格闘技やラクビーなどコンタクトスポーツで特に多く見られます。

骨折
骨が折れてる状態です。強くぶつけた時はもちろんですが、骨の片側が固定されている状態でもう一方に強い力がかかった結果、骨折してしまう事もあります。だいたい強い痛みと腫れがあります。ヒビも骨折です(不全骨折)。

脱臼
関節が外れてしまう怪我です。強くぶつけたり、テコが働くような状態になったりする事で起こります。痛いし関節部分が変形してしまいます。スポーツでは肩関節でよく起こりますが、顎や肘などでも比較的よく見られます。

 

上記の怪我はまずは、冷やして安静、できれば圧迫固定を施します。患部を心臓より上に上げておければより良いですが安静優先。

これをRICE処置といいます。

 

ライス処置

 

その場でRICE処置をしたら、すぐに医療機関を受診しましょう。捻挫か打撲か骨折か脱臼か分からない事もあるし、併発してる事も考えられるからです。

ちなみに安静は、なるべく動かさず、痛くない肢位を保つという事です。圧迫固定と組み合わせると効果的です。

冷やすのは、氷嚢があればそれを、無ければタオルなどで包んだ保冷剤で大丈夫。患部を冷やします。

圧迫固定は、タオルやハンカチなどで患部を動かさないようにします。支え等があるとなお良いと思います。

また擦り傷や切り傷と併発する事もありますので、傷はよく洗いできれば滅菌済みのガーゼや絆創膏で傷口をふさぎます。"よく洗い流す"というのが重要です。

 

状態が分からない・対処が分からない場合でも上記のようにする事で応急処置となります。

実際の治療については、状態の把握と技術、場合によっては道具なども必要になりますので、無理に行わないようにしましょう。

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.04.16 更新

ストレス

 

当院のサイトでもよく出てくる「自律神経」という言葉。名前はよく聞くけど、なにそれ?って感じですよね。

 

ヒトの神経は大きく中枢神経(脳と脊髄)と末梢神経(体性神経系と自律神経系)に分けられています。
末梢神経の内、身体の内外からの反応を受け取ったり運動をさせるための神経を体性神経系、体内の調節を自動的に行うのが自律神経です

 

上記の通り自律神経は身体を調節するのに必須の機構です。
自らの意思とは関係なく自動的に身体を調節する神経……具体的に言うと、心臓を動かしたり、血管を収縮させたり、汗を出したり、くしゃみをさせたり。
こんな感じのものなので、生きていくために必須です。

 

この自律神経は、交感神経副交感神経という二つの神経で構成されてて、切り替わりながら身体を調節しています。

 

交感神経は身体を活発にする。
主に起きている間に優位になっているのが交感神経です。
血圧や心拍数は上がり、筋肉は緊張し、発汗しやすくなります。なんとなく活発になりそうな気がしますよね。

 

交感神経は身体を休める。
主に寝たり休んでいる時に優位になっているのが副交感神経です。
血圧や心拍数は下がり、筋肉は弛緩します。その変わり胃腸の動きが活発になります。こちらはなんとなく身体が動かしにくくなる感じがしますよね。

 

この二つの神経がバランスよく働けばいいのですが、どちらかの神経がずっと働き続けていると良くありません。
現代の人は交感神経が優位になりすぎているので、なかなかリラックスモードになれず、ストレスに押しつぶされてしまったり、筋肉がパンパンに張りやすくなってしまったりします。

 

なので多くの人は、副交感神経を優位にするための行動が必要になります。
それは、お風呂にじっくりと浸かったり、ゆったりとした時間を過ごしたり、美味しいご飯をゆっくり食べたり、行動もあえて丁寧に行ってみたり……こんな感じのことです。

 

以下、身体部位に応じた自律神経の働きを表にしてみました。参考にしてみてください。

 

自律神経の表

 

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.04.10 更新

4月に入り年度が変わって、お仕事や生活が変わったという方も多いかと思います。PC作業が増えたり、下を向いて作業するようになったり、スマホゲームにはまってしまったり……

今は下を向いて、肩を前に出し、手先を動かす作業が圧倒的に多くなりました。なので、気をつけていないとすぐにストレートネックになってしまいます。

 

骨模型_頸椎

 

ストレートネック。
よく聞く言葉かと思いますが、改めて説明すると……
首の骨は本来、重たい頭を支えるために湾曲しています。それが様々な要因でまっすぐになってしまうのをストレートネックと言います。

 

□壁にお尻と背中と頭がつきにくい
□パソコン(特にノートPC)を見ている事が多い
□上向きで寝にくい
□肩が前に出てる
□身体をあまり動かさない

上記に当てはまる方は、ストレートネックになっている、もしくは予備軍の可能性があります。

 

ストレートネックになると重たい頭を支えるのに、周囲の筋肉を余計に使わないといけなくなるので、首や肩、背中、腰の方までパンパンになったり痛くなったりします。

また首の骨にも負担をかけるし、頭痛にも影響があるし、交通事故では通常の首よりも大きなダメージを受けるので、本当に良い事がありません。なにより見た目的にもあまりかっこいいと言えません。

 

では、どう気をつけていくか?
 ・目線と首の位置と肩の位置に気をつける。
 ・ずっと同じ姿勢でいるのは避ける。
 ・首の前側や胸、お腹の筋肉をほぐす。
 ・首の後側や肩甲骨、背中の筋肉を鍛える。
この辺を意識して生活をしていく事で、ストレートネックは改善されていきます。

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.04.05 更新

桜咲いた!……と思ったら雨降って寒い……!

っていうのが毎年になってきましたね。もうだいぶ桜も散ってきましたが、どこかに見に行ってきたりはしましたでしょうか?

 

今回は目の乾燥の話です。

目を抑えてる人

 

目覚めとともに目がしょぼしょぼしていたり、乾燥しているなーとか感じることがありませんか?

この時期だと「花粉のせいかな?」とも考えられますが、それがずっとだと目が乾燥して疲れている可能性もあります。

この状態だと肩や首がこってきたり緊張型頭痛につながってしまうこともあるので、注意です。

 

目の乾燥は、まばたきがちゃんとできていないのが大きな原因の一つです。

目はまばたきをする事で、涙が補充され潤います。

しかし、まばたきの回数が少なかったり完全に目が閉じていなかったりすることで、涙などが補充されず目が乾燥しやすくなってしまいます。

 

ちゃんとしたまばたきは『意識的にまばたきをする』ことでできるようになります。

つまり、しっかり目を閉じるのと回数を増やすことですね。

こうして意識的にまばたきをする事で、じょじょにちゃんとしたまばたきができるようになると言われています。

 

他にも『集中して何かを見ている時』や『まつ毛の内側のメイク』によって目が乾燥してしまうことがあります。

前者であれば、30分~1時間に一回くらい目を休めたり、一日の最後にホットタオルで目元を暖めたりするのが効果的です。

後者は、マイボーム腺という油分を分泌する器官がメイクによってふさがれてしまい乾燥してしまうので、気をつけてみてください。

 

■まとめ

目の乾燥を防ぐには……

・意識的にまばたきの回数を増やす

・まばたき時にしっかり目を閉じるようにする

・目を休める時間を作る

・まつ毛の内側のメイクに気をつける

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.03.17 更新

ここ1週間くらいでだいぶ暖かくなってきて、むしろ暑い感じですね。

過ごしやすくなった反面、花粉が飛んでて大変な季節でもあります。

花粉って目が痒かったり、鼻周りがひどいことになったり、咳が出たり、気怠さ、頭痛などいろんな症状がでますよね。

 

マスク頭痛

 

花粉を異物として認識して、排出しようという身体の反応がクシャミや咳・鼻水・涙。

 

花粉が体内に入ったことで上記のような働き+免疫細胞の過剰な働きで炎症が起きてしまった結果起こるのが、鼻づまりやムズムズ感、目の痒さ。

 

大雑把ですが、だいたいこんな感じだと思います。

 

そして頭痛も起こります

 

これは……、

 

鼻水がですぎたり、鼻の通りが悪くなることによって起こる副鼻腔炎のせいだったり、

 

ヒスタミンという物質による血管拡張作用だったり、

 

鼻詰まりによるマスク頭痛の様な脳内血流の低下によるものだったり、

 

痒さや鼻水を始めとした不快感によるストレスとそれによる睡眠不足による負のストレススパイラルだったり……

 

とけっこう色々です。

 

なのでこの時期に頭痛が辛くなる場合は花粉対策をすることで、軽快することもあります。

 

一方で、実は花粉関係なく季節の変わり目で自律神経がちょっと駄目になっている可能性もあります。

 

もし花粉対策しても駄目な場合は、アットまでご連絡ください!

 

頭痛専門WEBサイトはコチラ!

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.03.14 更新

久喜市在住としては、ちょっと気になる記事があったのでシェアします。

あと微妙に当院が映ってましたので。

 

半蔵門線“ナゾの終着駅”「久喜」には何がある?(文春オンライン)
https://bunshun.jp/articles/-/52644

 

他所の人から見た久喜はこんな感じなんだなーという記事です。

 

何も無さすぎて話題に上らないけど、半蔵門線の終着駅として名前はよく知られているという話を聞いたことがあります。

まさにこれですね。

 

あまり客観的に見ることが無い街なので、たまにこういう記事を見ると興味深いです。

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.03.11 更新

今日は東日本大震災が起きた日です。
今でもネットやテレビで見た光景、自身に起きた事、その後の混乱、計画停電など様々な事が思い起こされます。

 

自然災害なので起きてしまうのはどうしようも無いにしても、被害を軽減するための対策をしておきたいですね。

 

・非常持出袋
・ハザードマップ
・家族との避難計画

 

この辺りを確認しておくといざという時に混乱が少なくなると思います。

 

これからも地震は(規模はともかく)ちょこちょこくるはずです。こういう機会に改めて警戒するのも大事ですよね。

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.03.04 更新

前回( 自律神経の話・1 )は自律神経についてざっと書きました。

簡単にまとめると……

・自律神経は交感神経と副交感神経があり、このバランスが心と身体に影響を与える。
・そして自律神経を整えるには『ストレスをなんとかして規則正しい生活を送る』のが大事。

……という内容でした。

今回は自律神経を整える具体的な方法です。

 

規則正しい生活。

朝日を浴びて起床し、決められた時間に食事や休憩、睡眠をとるようにするだけでも変わってくるはずです。複雑な毎日をシンプルするという意味でも、良いと思います。

 

食事に気をつける。

自律神経を整える効果のある栄養として……
トリプトファン(乳製品・ナッツ類・肉や魚など)
ビタミンB6(レバー、鶏肉、にんにくなど)
……が有名です。
この二つに関しては、バナナ納豆に多く含まれているので、この二つを日常的に取っておくと良いと思います。
もちろん、他にも炭水化物や食物繊維なども必要なのでバランスよい食事を心がけるのが大切です。

 

運動をしてみる。

副交感神経を優位にする事のできる腹式呼吸を取り入れやすいゆったりとした運動の方がいい気もしますが、運動によるストレスの緩和や達成感を味わうというのも効果があるので、好きな運動で良いと思います
5分くらいのゆったりとしたストレッチをクールダウン変わりに採用してみるのもいいですね。

 

ストレスをなんとかする。

ここが一番のネックですよね。
ストレスをかけられた時点で、交感神経が優位になってしまいます。対処としては、ストレスの原因を断つか、ストレスを抱えつつも副交感神経が優位になる時間も多く作るという感じでしょうか。
趣味に没頭する・好きな人と過ごす・おいしいものを食べてよく眠る……どれも効果的ですが、けっこう実行に移しにくいですよね。まとまった時間が無かったり、時間が合わなかったり、食事制限してたりと。
でもその辺りはなんとかうまくやっていくしかありません。

その他ではストレスに強い身体を作るという方法もあります。
人は胸を張ってやや上を向いて大股で歩いていると、ネガティブな事が考えられなくなるという研究があります。
こういう姿勢を自然に取れるようになれば、余計なストレスはかからずに済むかもしれません。

 

習慣にしてしまえば自律神経を良好に保つのもけっこう簡単にできると思います。
まずはできる範囲で習慣化していくと良いと思います。
お手伝いできることもあると思いますので、自律神経についてもお気軽にご相談ください!。

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.02.19 更新

2月も間もなく終わりますね。
少ない日数に、増えた祝日。余計に短く感じます。

来月になれば少し暖かくなってきます。
それ自体は嬉しいことですが、季節の変わり目なので無理をせず身体を大切にしたいですね。

 

季節の変わり目というのは自律神経が乱れやすいと言われています。
特にこれからの季節は人とのかかわり方や環境が変わる事が多いので余計です。

 

自律神経が乱れると「なんとなくだるいなぁ……」からはじまり、気持ち的にも落ち込んでしまったり、不眠になったり……。

 

 

さらには頭痛や身体の痛み・痺れ、内臓の不調なども出てきます。

不調

 

では自律神経を乱れないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

簡単に言えば、『ストレスをなんとかして規則正しい生活を送る』です。

 

まず自律神経の仕組みを簡単に説明すると……
自律神経には2種類あります。
交感神経 :活動している状態、主に昼に優位になる。
副交感神経 :休息している状態、主に夜に優位になる。
この二つのどちらが優位になるかで、心や身体の調子が変わってきます。
「活動しないと!」って思うと、血圧や体温を上げて動きやすくするために交感神経が優位になるという感じです。

 

次回は、自律神経を整える方法を色々ご紹介します。
習慣化できると強くなります。

 

>>自律神経の話・2へ続く

投稿者: アット接骨院

アットブログ

2022.01.27 更新

ヨガやってる人の背中

寒い時期は自分自身でも肩に力が入っているなーと感じる方が多いと思います。

さらに背中も丸くなるし、目線も下がっています。

パッと見て、悪い姿勢という感じです。

 

この姿勢は首から背中、腰の方までの筋肉を伸ばしながら、縮めているという割と特異なものだったりします。

胸やお腹の筋肉が収縮する事で、背中が丸まります。

この時点では背中の筋肉にはストレッチがかかっている状態となりますが、重い頭を支えないと前に倒れてしまうため、背中の筋肉は踏ん張ろうとして縮むわけです。

 

こういう状態なので「背中しんどいからストレッチしよー」と背中をストレッチしてしまうと余計に悪化してしまう事があります。

なんとなく、これ以上背中を伸ばすと筋肉千切れそうっていうのは判ると思います。

 

なので背中のストレッチではなく、背中の力をうまく抜いた状態で、胸やお腹の筋肉を緩めるのがセルフケアとしては正解となります。

背中辛いなーという方は、お気軽にご相談ください。

投稿者: アット接骨院

2 / 6 ページ