アットブログ

2020.01.31更新

こんにちはアット接骨院です。

 

先日は、雪からみぞれに変わり、寒かったですね。

 

今回は、肩こり60秒解消ストレッチがありますので、試してください。

 

肩こりは、普段からの姿勢や寒く身体が入り、筋肉が固まり(硬結)血流が悪くなってしまい、首から肩に掛け張りが出る症状です。
このような硬結を流すためには、肩甲骨の動きが重要です。

肩甲骨を上下、左右、斜めに動かし、肩甲骨剥がしを四つの動作でするのが、簡単60秒肩甲骨ストレッチです。

 


1 指を組み手首を返し、前で腕を上げる。

肩こり体操1

 

2 後ろで指を組み、肘を曲げないで上にあげる。

肩こり体操2

 


3 指を組み腕を上げ、顔を動かさず左右に振る。(できれば後頭部の後ろを通り、脇を伸ばす事がポイントです)

肩こり体操3-1

肩こり体操3-2

肩こり体操3-3

 

 

4 最後に指を組み、両腕で輪を作るようにしてから手首を返し、手を押し出し背中を丸める。

肩こり体操4


各10~15秒ほどしてください。 無理はしないでください。
質問がありましたら、ご連絡してください。

 

 

 -----------------

  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  頭痛・産後骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・
  捻挫・交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

2020.01.11更新

頭痛の女性の後ろ姿

 

 頭痛には様々な種類があり、多種多様な原因があります。

 

 緊張性頭痛と偏頭痛というのはよく聞く名前ですが、これは一次性頭痛という分類がされます。

 対して二次性頭痛というのは、他の病気や症状によって起こる頭痛です。中には命の危険にかかわるような病気もありますので、いままでに無い頭痛を感じたら病院にかかることが大切です。

 

 私達が治療していけるのは、緊張性頭痛や片頭痛、群発性頭痛といったいわゆる一次性頭痛になります。

 

 中でも圧倒的に多いのは前者の二つ、緊張性頭痛や偏頭痛です。特徴を見ていきましょう。

 

■片頭痛
 ・頭の片方がズキズキ脈打つように痛む


 ・頭痛の前兆に、目がチカチカしたり視界が悪くなる

 

 ・頭痛が出ると、前屈みになったり階段の昇り降りなどで痛さが増す

 

 ・吐き気がする

 

 ・明るい場所やうるさい場所に居れない

 

 また片頭痛といいますが、両側に出る方もたくさん居ます。30~40代の女性に多いと言われていますが、20代や10代にもけっこういる印象です。

 

■緊張性頭痛
 ・頭の周りが締め付けられるように痛む。または重い


 ・片頭痛と違い、身体を動かすと楽になる事がある


 ・肩や首の凝りや目の疲れなども伴う


 ・身体的、精神的なストレスによって引き起こされる事が多い


 特定の条件が揃えばだれでも起こる可能性があり、その多くはストレス。慢性的な緊張性頭痛になっている方も多くいます。

 

 ご自身の頭痛と照らし合わせてみて、どうだったでしょうか?
 頭痛でお困りの際は、ぜひ私達アット接骨院にご相談ください。

 

 アット接骨院の頭痛専門サイトはこちら! → 頭痛矯正

 


 -----------------

  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  頭痛・産後骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・
  捻挫・交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899 

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ