アットブログ

2017.05.22更新

フトモモの内側にある筋肉、それが『内転筋』です。

美脚を目指す方は常に気にしている筋肉でもあり、膝の痛みや腰痛にも深く関る大事な筋肉です。

内転筋とはどんな筋肉なのでしょうか?


内転筋とは一つの筋肉では無く、いくつかの筋肉の総称で『内転筋群』といういい方もします。骨盤の一部である恥骨や坐骨から大腿骨の内側全体(膝の内側)についています。
作用としては文字通り足を内側に持っていく(内転)時に使います。歩行時には足が外側に開き過ぎないようにしたり、骨盤や膝のバランスを保ち倒れないようにしてくれていたりと、けっこう頑張ってくれている筋肉でもあります。


この内転筋が衰えてしまったり、正しく使えていなかったりすると……

 

・膝や股関節が痛くなる。また腰痛にもなりやすい。

 

・骨盤のバランスが悪くなる。

 

・腹筋にも影響を及ぼすため、お腹が出てきてしまう。

 

・姿勢も悪くなってしまう。

 

こんな悪影響がでてくる可能性があります。


では内転筋を鍛えるにはどうしたら良いでしょうか?
実はトレーニング自体はとても簡単で、膝でタオルやボールを挟み圧迫するだけで鍛える事ができます。腰をかけてでも良いし、スクワットをしながらでも良いです。

 

しかし、骨盤や姿勢に影響がでてしまっていたり、痛みが出てしまっている場合には骨盤矯正が必要になります。矯正をする事によって上記のトレーニングの効果が高まりますし、何より痛みを除く事ができます
土台である骨盤から始まっている筋肉なので、しっかり鍛える事で綺麗な骨盤を保つ事ができます。是非、鍛えてみて下さい。

 

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.22更新

フトモモの内側にある筋肉、それが『内転筋』です。

美脚を目指す方は常に気にしている筋肉でもあり、膝の痛みや腰痛にも深く関る大事な筋肉です。

内転筋とはどんな筋肉なのでしょうか?


内転筋とは一つの筋肉では無く、いくつかの筋肉の総称で『内転筋群』といういい方もします。骨盤の一部である恥骨や坐骨から大腿骨の内側全体(膝の内側)についています。
作用としては文字通り足を内側に持っていく(内転)時に使います。歩行時には足が外側に開き過ぎないようにしたり、骨盤や膝のバランスを保ち倒れないようにしてくれていたりと、けっこう頑張ってくれている筋肉でもあります。


この内転筋が衰えてしまったり、正しく使えていなかったりすると……

 

・膝や股関節が痛くなる。また腰痛にもなりやすい。

 

・骨盤のバランスが悪くなる。

 

・腹筋にも影響を及ぼすため、お腹が出てきてしまう。

 

・姿勢も悪くなってしまう。

 

こんな悪影響がでてくる可能性があります。


では内転筋を鍛えるにはどうしたら良いでしょうか?
実はトレーニング自体はとても簡単で、膝でタオルやボールを挟み圧迫するだけで鍛える事ができます。腰をかけてでも良いし、スクワットをしながらでも良いです。

 

しかし、骨盤や姿勢に影響がでてしまっていたり、痛みが出てしまっている場合には骨盤矯正が必要になります。矯正をする事によって上記のトレーニングの効果が高まりますし、何より痛みを除く事ができます
土台である骨盤から始まっている筋肉なので、しっかり鍛える事で綺麗な骨盤を保つ事ができます。是非、鍛えてみて下さい。

 

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.19更新

きめ細やかな施術が受けられると口コミで患者さまが多数お越しになります。
ぜひ、久喜市で接骨院をお探しでしたら、当院をご利用下さい。

当院の良いところは、患者さまお一人おひとりに時間をかけて施術をします。
症状が軽いからと施術時間を短くするということはいたしません。
接骨院に来て、治そうと頑張っている患者さまのお気持ちを大切にし、満足できる施術をいたします。
また、患者さまとのコミュニケーションを重視しており、アットホームな雰囲気を大事にしている町の接骨院院です。
リラックスしながら施術を楽しんでください。

スポーツによる捻挫や突き指から肩痛、腰痛まで幅広く診療をしています。
あまりにも通院が困難な場合は、訪問診療も可能ですので、気兼ねなくご相談下さい。

~~~~~~~~~~~
予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
久喜市久喜中央 アット接骨院 0480-21-6899

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.09更新

ここのところ、中学生・高校生とともに、新たにスポーツにチャレンジしている方の怪我が増えてきています。

 

中高校生は大会シーズンという事もあり、気合を入れて練習してしまう反面、無理をしすぎてしまうケースが目立ちます。

 

思わぬ怪我をするのがスポーツではあるのですが、Over use症候群という使いすぎによる怪我は、自分で気をつける事によってコントロールする事ができます。

 


ヒトの身体に限らず、なんでも使いすぎると壊れてしまいます。使いすぎになる前に、しっかり身体を休めるのが重要です。

 

しかし、ここで同じ練習をしているはずなのに何故自分だけが?という疑問もでてきます。もちろん、個々で筋肉の量や質、身長・体重、微妙な身体の使い方など違う所だらけではあるのですが、壊れにくい身体というのはどんな身体なのでしょうか?

 

まずは全身のバランス。そして筋肉の柔軟さです。

 

バランスについては、例えば上半身を右に傾け続けると、上手く動けないし、腰の右側の筋肉が緊張してくるし、右足に負荷がかかります。ここまでは極端ではなくても、僅かに右重心になっているだけで、運動パフォーマンスは下がり、いずれかの筋肉は緊張し怪我しやすい身体になってしまいます。

 

筋肉の柔軟さは、身体を動かす上でとても重要です。柔軟さにかけると筋肉の出力がうまくいかず、さらに身体を保護するという役割にも支障をきたしてきます。こうならない為にもマッサージやストレッチでケアをし、歪みから来る硬さは矯正をして改善していく事が大切です。

 

バランスの取れた身体でも、もちろんマッサージ・ストレッチ、時にはアイシングなどによる身体のケアは重要ですが、身体を痛める限界値が変わってくると思われます。同じ練習をしているはずなのに、自分だけOver use症候群になってしまった……という場合は、身体のバランスを見直してみると良いかもしれません。

  -----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899 

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.09更新

ここのところ、中学生・高校生とともに、新たにスポーツにチャレンジしている方の怪我が増えてきています。

 

中高校生は大会シーズンという事もあり、気合を入れて練習してしまう反面、無理をしすぎてしまうケースが目立ちます。

 

思わぬ怪我をするのがスポーツではあるのですが、Over use症候群という使いすぎによる怪我は、自分で気をつける事によってコントロールする事ができます。

 


ヒトの身体に限らず、なんでも使いすぎると壊れてしまいます。使いすぎになる前に、しっかり身体を休めるのが重要です。

 

しかし、ここで同じ練習をしているはずなのに何故自分だけが?という疑問もでてきます。もちろん、個々で筋肉の量や質、身長・体重、微妙な身体の使い方など違う所だらけではあるのですが、壊れにくい身体というのはどんな身体なのでしょうか?

 

まずは全身のバランス。そして筋肉の柔軟さです。

 

バランスについては、例えば上半身を右に傾け続けると、上手く動けないし、腰の右側の筋肉が緊張してくるし、右足に負荷がかかります。ここまでは極端ではなくても、僅かに右重心になっているだけで、運動パフォーマンスは下がり、いずれかの筋肉は緊張し怪我しやすい身体になってしまいます。

 

筋肉の柔軟さは、身体を動かす上でとても重要です。柔軟さにかけると筋肉の出力がうまくいかず、さらに身体を保護するという役割にも支障をきたしてきます。こうならない為にもマッサージやストレッチでケアをし、歪みから来る硬さは矯正をして改善していく事が大切です。

 

バランスの取れた身体でも、もちろんマッサージ・ストレッチ、時にはアイシングなどによる身体のケアは重要ですが、身体を痛める限界値が変わってくると思われます。同じ練習をしているはずなのに、自分だけOver use症候群になってしまった……という場合は、身体のバランスを見直してみると良いかもしれません。

  -----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899 

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.01更新

この連休の時期になると、「暑い」と感じる時間も増えてきました。
まだ心地良い暑さですが、これからさらに暑くなると思うと少し憂鬱です。

 

今くらい暖かいと、「身体の調子が良いなー」と思う時間も増えてきていませんか?

これは気のせいではなく、人に備わっている自然治癒力が高まっているからなのです。

 

本来、切り傷や体内の炎症、肩こりや腰痛、捻挫も、自然治癒力で徐々に治っていきます。
しかし、それが追いつかないくらい負担が掛かっていると、なかなか良くなりません。
極端な例で言えば、傷口を開き続けているようなものなので、治り難いのも当然ですね。

 

そういう状態を解消し、【 自然治癒力 >身体にかかる負担 】 という理想的な状態を作るのが接骨院です。

 

アット接骨院では、骨を正しい位置に整えて筋肉を軟らかく保つ事が、自然治癒力を引き出す上で大切だと考えています。
先ほどの傷口の例えで言えば、開いた傷口をあわせ塞がるまで動かさないようにする、それだけで格段に早く綺麗に治ります。
「開いた傷口をあわせる」というのが、

 

・腰痛で言えば骨盤の矯正
・肩の痛みで言えば肩周りの筋肉を緩める
・頭痛で言えば頭蓋骨の矯正

・背中の張りで言えば姿勢に気をつける

・捻挫で言えば矯正と固定とアイシング
・膝の痛みで言えば歩行の改善

 

……にあたります。

 

姿勢と身体の使い方を改善し、自然治癒力を高め自分自身を治していきましょう!
アット接骨院では、その際のお手伝いを一生懸命させてもらいます。お気軽にご連絡ください。

 

-----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899 

 

 

投稿者: アット接骨院

2017.05.01更新

この連休の時期になると、「暑い」と感じる時間も増えてきました。
まだ心地良い暑さですが、これからさらに暑くなると思うと少し憂鬱です。

 

今くらい暖かいと、「身体の調子が良いなー」と思う時間も増えてきていませんか?

これは気のせいではなく、人に備わっている自然治癒力が高まっているからなのです。

 

本来、切り傷や体内の炎症、肩こりや腰痛、捻挫も、自然治癒力で徐々に治っていきます。
しかし、それが追いつかないくらい負担が掛かっていると、なかなか良くなりません。
極端な例で言えば、傷口を開き続けているようなものなので、治り難いのも当然ですね。

 

そういう状態を解消し、【 自然治癒力 >身体にかかる負担 】 という理想的な状態を作るのが接骨院です。

 

アット接骨院では、骨を正しい位置に整えて筋肉を軟らかく保つ事が、自然治癒力を引き出す上で大切だと考えています。
先ほどの傷口の例えで言えば、開いた傷口をあわせ塞がるまで動かさないようにする、それだけで格段に早く綺麗に治ります。
「開いた傷口をあわせる」というのが、

 

・腰痛で言えば骨盤の矯正
・肩の痛みで言えば肩周りの筋肉を緩める
・頭痛で言えば頭蓋骨の矯正

・背中の張りで言えば姿勢に気をつける

・捻挫で言えば矯正と固定とアイシング
・膝の痛みで言えば歩行の改善

 

……にあたります。

 

姿勢と身体の使い方を改善し、自然治癒力を高め自分自身を治していきましょう!
アット接骨院では、その際のお手伝いを一生懸命させてもらいます。お気軽にご連絡ください。

 

-----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899 

 

 

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ