アットブログ

2016.11.26更新

先日の雪から、より寒さが増しましたね。
寒さ対策は万全でしょうか?これからまだまだ寒くなってくるので風邪などを引かないように気をつけましょう。

寒さに対向する術は......

・運動をする。
・身体を温める物を食べる。
・体表に近い動脈を温める。
・たくさん着る。

......辺りがメジャーだと思います。
「そもそも暖かい部屋から出ない」とか「しばらく暖かい場所へ住む」などの対策を取れれば一番ですが、そうもいきません。

今回は運動についてです。

運動をして筋肉が収縮することで、熱が生み出されます。
さらに疲労を回復するためエネルギーを消費し続けるので、運動後1~2時間くらいは熱を生み続けます。

この辺までは学校の体育の時間や、ちょっと急いで走った後の状態を思い出していただければ想像がつくはずです。

大事なのはここからで、筋肉は鍛えれば大きく強くなり、熱を生産する能力もあがるのです。
また筋肉は安静時でも熱を発しています(基礎代謝)。つまり鍛えれば鍛えるほど、身体を温める能力はあがるということです。
ちなみに震えが発生した時の熱生産量も筋肉量が多いと上がるので、すぐに身体が温まります。

そして実際の運動ですが、通勤時にもできるというのを考え、3分おきに早歩きとゆっくり歩きを繰り返すインターバル歩行というのがお勧めです。

適度に身体を動かし、寒い冬も乗り切りましょう!


  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

2016.11.22更新

頭蓋骨のゆがみ
「頭蓋骨はゆがむと言うのは本当ですか?」、「頭蓋骨の矯正は痛いのですか?」などと聞かれる事が多いです。
頭蓋骨が動くといっても腕や足のように動くのではなく、小さな不随運動(無意識運動)で動いています。
多くの人はご存知ありませんが、この頭蓋骨の運動はカイロプラクティックのオステオパシーという手技療法の世界では世界的に常識な知識です。科学的にも立証されています。
アット接骨院では、頭蓋骨の運動は1分間に8~10回程度行われていることから呼吸に合わせて22個のパズルのような骨を同調させるように各骨の縫合にそって矯正をしておりますので、痛みは一切ありませんのでご心配はありません。
 予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

2016.11.21更新

PC作業やスマートフォンを頻繁に使う方、腕や手首の痛みはありませんか?
繰り返し同じ作業をしていると、どうしても筋肉や腱・靭帯に負担がかかります。
特に手首や前腕の筋肉は、そこまで大きな筋肉では無い上、腱鞘と呼ばれる部位がある事から痛めやすい場所と言えます。
腱鞘炎という手首や指の、症状はよく聞きますよね。

痛くなった時点で、使うのをやめてしまえば比較的早く痛みもひくのですが、仕事となるとなかなかそうは行きません。
そんな時は、指や手首を動かす筋肉の根本をほぐしましょう!

指や手首を動かす筋肉は、実は肘の両サイドから始まっています。
その筋肉をほぐす事で、指や手首の痛みも軽減します。
ほぐす方法としては、直接指や硬い物でグリグリと......これが痛すぎるようだったらさするようにほぐしてもOKです。
またストレッチも有効です。手首を反らし前腕の腹側を、手首を内側に入れて前腕の背側を伸ばしましょう。ストレッチなので、20秒間くらいグーーーっと伸ばします。呼吸は止めないように自然にしてください。

文字だけではなかなか難しいので、ほぐす場所やストレッチ方法などは、ご来院された時に、実践させてもらおうと思います。
また、すでに指や手首が痛くなってしまっている方や、これからたくさん使う予定があって腱鞘炎が怖い方には、テーピングの施術もしています。
本格的に痛めてしまう前に、是非ご来院ください!


  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

2016.11.15更新

突然、腰に痛みが走り、その場から全然動けなくなってしまうギックリ腰。
これからの時期は寒さと忙しさで、増えてくる症状です。
ほんの些細な動作で起こることも、よくあります。そのような場合でも、何かしら前兆があったはずなのですが......初めてだとやはり気付くのは難しいと思います。
もしもギックリ腰になってしまったら、どのように対処したら良いかを書いていこうと思います。

中腰姿勢や前屈み姿勢、また重量物の持ち運びを繰り返すような生活をしていると腰に負担がかかり、それが積もりに積もって腰の筋肉が炎症を起こしてしまい、ギックリ腰となってしまいます。
このケースでは炎症をおこしてしまっているので、とにかく安静にして冷やすのがベストです。2日~3日くらいは、安静にして冷やしましょう。
その後、筋肉が治ってくるにつれ、硬くもなってしまうので、温めたり軽いストレッチをしていくことになります。

アット接骨院では、骨盤や腰椎などの矯正、程度やライフスタイルによってはテーピングをし、いち早く元の動きができるよう治療をしています。また予防としての姿勢の矯正や運動の指導なども行ないますので、すでにギックリ腰になってしまった方だけではなく、「またギックリ腰になりそうな気がする」「二度とあの痛みを味わいたくない」という方も是非、ご相談ください。

辛い痛みは、少しでも早く遠ざけましょう!


  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

2016.11.07更新

カイロプラクティックとは、人間の身体が本来持つ自然治癒力を高めていく療法です。
カイロプラクティックの本場アメリカでは、ドクターと同等の資格を持ち治療にあたっていますが、日本ではまだ国家資格ではなく、技術レベルの差が大きいのが現状な為、本当に信頼できる治療院を見つける事が肝心です。
カイロプラクティックには様々な治療のテクニックがありますが、当院では、骨盤の矯正を主体とした、骨格と筋肉のバランスを調整しながらお体の機能を回復していく治療を行っています。

投稿者: アット接骨院

2016.11.05更新

当院は、久喜市で接骨院を開き、スポーツ障害やむち打ち症などの治療に対応しております。

スポーツ障害といいますと、急に止まったり、急に走ったりしたときに生じるふとももやふくらはぎの肉離れが大変多くみられます。
また、当院ではぎっくり腰もスポーツ障害に入ると考えております。
痛い患部だけでを見るだけではなく、身体の基本であるバランスを重視し、患者様一人ひとりあったカイロテクニックで歪みをなくします。

また、交通事故後に行かれた病院で、そのままお怪我の治療を続けておられる方は多いと思います。

接骨院に通うということを保険会社の方に伝えていただければ、整骨院で交通事故治療を受けることができます。

交通事故に遭われた時に、仕事を休まざるをえなくなり、その後仕事に復帰された際に仕事がたまっていたり、度々休んだり、仕事を抜けることができなくて思うように治療に通えないとお悩みの方はおられませんか。

当院は、土日、夜間20:00まで予約診療を受け付けております。
交通事故に遭われて苦しんでおられる方の心と体の痛みを少しでも軽くするお手伝いをしていきたいと考えております。
お気軽にお問い合わせください。

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ