アットブログ

2016.07.25更新

お盆休みの予定が決定しました。



今年は8月14日(日)から、8月17日(水)までとなります。
8月11日(木)は"山の日"で祝日ですが、通常通り、朝10:00から、夜8:00まで診療いたします。
ご予約お待ちしています!

投稿者: アット接骨院

2016.07.25更新

交通事故にあったら何をすればいいの?
まずは、
☆相手の免許証、名前を確認し、警察へ電話をして事故の状況、場所などを告げましょう

☆連絡先の交換(相手の連絡先の確認をしましょう)

☆必ず医師の診察を受けてください
 病院では、どこが痛いのか詳しくお話をしてください。
 というのは、表面にある傷やケガだけしか見てもらえない場合があります。
 (ご面倒でも、医師の診察を受け、レントゲン、MRIなどの画像を撮り、
  自身の状態を把握して頂き、診断 書を書いてもらってください)

☆アット接骨院にご連絡ください。
  事故の状況やみなさまの体の症状を聞き、施術内容や今後の流れについて
  ご説明いたします。

☆保険会社へ連絡をしてください
  保険会社の担当の方に「アット接骨院にて治療する」旨をお伝えください。
  後ほど保険会社より、当院へ患者さまが来院される連絡が届きます。

☆保険会社への届け出が済み、承諾が確認できましたら治療の開始です。

投稿者: アット接骨院

2016.07.24更新

久喜市にある当接骨院は、地域の皆様に愛される、地元密着の診療を心がけています。

交通事故に遭われた方は、怪我による体の痛みと共に、精神的ショックによる心の痛みも抱えておられる方が多いです。
事故の直後は、警察や相手方、保険会社等との煩雑で慣れない交渉に頭を痛め、何が何だか事態をよく把握できないまま自分が感じている以上の強い精神的ストレス状態におちいられている方が多いです。

当接骨院はこれまで多くの交通事故の患者様の治療を行ってきました。
私どもで分かることは相談を承っております。
体の痛みと共に心の痛みを少しでも和らげるお手伝いができたらと思っております。

交通事故の患者様のみ、土日、夜間の予約診療を承っております。
辛い状況におありの方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

投稿者: アット接骨院

2016.07.12更新

本日より、久喜市のお祭りが始まりました。

これから18日まではお祭りの期間という事で、街もどこかいつもよりも賑わっています。

アット接骨院は久喜中央という番地ではありますが、お祭りの区分けで言えば『志ん一』。毎年、ヤマトタケルの人形を乗せた山車が目の前を通ってくれます。

日本武尊。
演劇や小説、漫画、ゲームとあらゆる舞台で活躍しているので、とても知名度の高い日本の英雄の一人でしょう。
エピソードとしては、16歳の時に九州のクマソタケル兄弟を討伐する際に女装をし油断させ倒したというものと、駿河の草原で火責攻めにあった時に、持っていた剣で草を薙ぎ払い、脱出。この事から、アメノムラクモノツルギは「草薙の剣」と呼ばれるようになったそうです。
また死後、白鳥となり飛び立っていったというエピソードもあります。

他の地区の人形も調べてみるといろいろと謂れがあり、そういう知識込みで見てみるのも面白そうです。

投稿者: アット接骨院

2016.07.10更新

暑い日が続きます。暑さ対策はできているでしょうか。

久喜市ではもうすぐお祭り(7月12日・18日)になります。長時間、外に出る予定の方も多いのではないでしょうか。

熱中症が怖いので、水分を十分に取るのはもちろんの事、身体も適度に冷やす必要があります。

◆動脈を冷やす。
昔からよく聞く、古典的な方法ですが、とても効果的です。
血液の役割は、体中に栄養を運ぶとともに熱も運びます。なので動脈を冷やす事で、運んでいる熱を奪い、身体を冷ます効果があります。
基本的に動脈は体内奥深くに走っているものですが、首や脇の下、あとは太ももの内側などは、比較的浅層を走行しています。ここに冷たい缶ジュースでも当てると、動脈血が冷やされるので身体を冷ますことができます。

◆瓜系を食べる。
キュウリやスイカなどのウリは身体を冷ます食べ物だといいます。利尿作用が高いようなので、そのせいでしょうか?単純に瑞々しいものを食べるだけでも涼しい気持ちになれるので、心理的な効果も期待できますね。

◆打ち水。
数年前から、打ち水はけっこう知られてきたと思います。
どういう場所とタイミングで打ち水をするか?というのは、実は意見が分かれていて議論も繰り広げているらしいのですが、共通の見解としては、日の当るアスファルトの道路などには効果が薄いそうです。
やるなら日陰になっている所が良いと思います。

暑い日が続きますので、熱中症に気をつけ、健やかな毎日をお過ごし下さい。

投稿者: アット接骨院

2016.07.06更新

当院は、地域密着の診療を心がけ、埼玉県久喜市で開院しております。
患者さん一人に対して、しっかりとカウンセリングを行い、丁寧な説明を行って、じっくり施術を行っていますので、きっと、地域の皆様に満足していただけると思います。

当院の施術は、お一人に対して、15分から20分前後の時間をとっています。
他の整骨院さんに比べると長めの施術ではないかと思いますが、これもいろいろとお話をしながら、お客様にリラックスして治療を受けていただけるようにするためです。

ぎっくり腰や、首、肩の痛み、スポーツによる外傷だけでなく、交通事故に遭って発症したむち打ち症の治療も行っています。

投稿者: アット接骨院

2016.07.03更新

~アット接骨院では、みなさんとの二人三脚で健康な状態の維持をお手伝いします~
約1カ月の通院により、体は本来あるべき形を取りもどします。
その後、もっともよい状態を維持するためには、座り方や歩き方、脚の組み方など姿勢の生活習慣を正す必要があります。

○ ひずみを直した状態を維持する習慣を伝授
当院では、治療の効果をできるだけ長く維持していただけるように、体に負担をかけない姿勢や生活習慣をお教えいたします。
みなさまと二人三脚で、健康な状態を維持していきます。

○ 筋力をつけるための運動方法をお教えします。
体のバランスを維持するために、必要な筋肉トレーニングの方法をお教えします。
それを継続していただくことで、健康な状態を長く維持できます。

投稿者: アット接骨院

2016.07.02更新

捻挫の治療で来ている、高校生から姿勢についての質問を受けました。
肩こりがひどく、原因は姿勢なのではないか?と。
確かに、肩も背中も張っている。鎖骨の下の筋肉も、腕の筋肉も硬くなっていました。

前かがみで座り、基本的に下をずっと見ていて、腕を前に伸ばし作業をする......高校生に限らず、勉強や事務仕事を頑張っている方に、よく見られる症状でした。
この姿勢、やってみればわかると思いますが、背中の方から張ってくるんですよね。そうなってくると肩甲骨の動きは悪くなるし、首の形も悪くなってきます。腕を前に出した状態をキープしつつ、肘から下は頻繁に動かすので肩周りの筋肉に緊張を強います。さらに、集中してくると肩に力が入ってしまう人も居ます。その他にも鎖骨の下や胸から腕にかけての筋肉なども硬くなってきます。

でも勉強にしろ仕事にしろ、そういう姿勢以外でやるのはちょっと無理がありますよね。
なので、30分に一度くらい運動をしましょう。

 ①背筋を伸ばし、胸を反らせ、痛くない範囲で上を向く。
  椅子の背もたれに完全に身体を預けるような姿勢ですね。
  10秒~20秒ほどその姿勢をキープすると良いと思います。

 ②立ち上がり、ツマサキを上げる・カカトを上げるを繰り返す。
  フクラハギに利く感じのする運動です。10回~20回、やってみましょう。
  不安定な体勢になるので、どこかにつかまりながらやってもOKです。

 ③肩甲骨を回す。
  肩関節ではなく肩甲骨を回すのがポイントです。
  胸を張り気味に、肩を上がる所まで上げてストンッと落とす感じでもOKです。
  これは30分に一度と言わず、数回で良いのでチョコチョコとやりましょう。

とりあえず、これくらいの軽い運動でもけっこう効果が出てくると思いますので、やってみてください。また、前傾してる姿勢が多い仕事をしている方や、勉強を頑張っている子がいたら、教えてあげて下さい。
来院していただければ、骨盤・背骨などバランスを診た上での矯正や、細かい運動の指導などもさせていただきます。是非、ご利用ください。

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ