アットブログ

2016.03.20更新

捻挫の治療で来ている、高校生から姿勢についての質問を受けました。
肩こりがひどく、原因は姿勢なのではないか?と。
確かに、肩も背中も張っている。鎖骨の下の筋肉も、腕の筋肉も硬くなっていました。

前かがみで座り、基本的に下をずっと見ていて、腕を前に伸ばし作業をする......高校生に限らず、勉強や事務仕事を頑張っている方に、よく見られる症状でした。
この姿勢、やってみればわかると思いますが、背中の方から張ってくるんですよね。そうなってくると肩甲骨の動きは悪くなるし、首の形も悪くなってきます。腕を前に出した状態をキープしつつ、肘から下は頻繁に動かすので肩周りの筋肉に緊張を強います。さらに、集中してくると肩に力が入ってしまう人も居ます。その他にも鎖骨の下や胸から腕にかけての筋肉なども硬くなってきます。

でも勉強にしろ仕事にしろ、そういう姿勢以外でやるのはちょっと無理がありますよね。
なので、30分に一度くらい運動をしましょう。

 ①背筋を伸ばし、胸を反らせ、痛くない範囲で上を向く。
  椅子の背もたれに完全に身体を預けるような姿勢ですね。
  10秒~20秒ほどその姿勢をキープすると良いと思います。

 ②立ち上がり、ツマサキを上げる・カカトを上げるを繰り返す。
  フクラハギに利く感じのする運動です。10回~20回、やってみましょう。
  不安定な体勢になるので、どこかにつかまりながらやってもOKです。

 ③肩甲骨を回す。
  肩関節ではなく肩甲骨を回すのがポイントです。
  胸を張り気味に、肩を上がる所まで上げてストンッと落とす感じでもOKです。
  これは30分に一度と言わず、数回で良いのでチョコチョコとやりましょう。


とりあえず、これくらいの軽い運動でもけっこう効果が出てくると思いますので、やってみてください。また、前傾してる姿勢が多い仕事をしている方や、勉強を頑張っている子がいたら、教えてあげて下さい。
来院していただければ、骨盤・背骨などバランスを診た上での矯正や、細かい運動の指導などもさせていただきます。是非、ご利用ください。

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ