アットブログ

2015.03.31更新

アット整骨院のカイロプラクティックの特徴
□ 骨を鳴らさないソフトな治療です。
□ 痛みの原因、姿勢の悪さの原因を根本的に治療します。
□ 骨や神経があるべきところに収まることで、身体の自然治癒力が高まり、抵抗力が増します。
□ 生活習慣を正して、健康な状態を取り戻すことができます。

投稿者: アット接骨院

2015.03.30更新

「頭蓋骨はゆがむと言うのは本当ですか?」、「頭蓋骨の矯正は痛いのですか?」などと聞かれる事が多いです。
頭蓋骨が動くといっても腕や足のように動くのではなく、小さな不随運動(無意識運動)で動いています。
多くの人はご存知ありませんが、この頭蓋骨の運動はカイロプラクティックのオステオパシーという手技療法の世界では世界的に常識な知識です。科学的にも立証されています。
アット接骨院では、頭蓋骨の運動は1分間に10日程度行われていることから呼吸に合わせて22個のパズルのような骨を同調させるように各骨の縫合にそって矯正をしておりますので、痛みは一切ありませんのでご心配はありません。

投稿者: アット接骨院

2015.03.29更新

産後の骨盤矯正とは
妊娠約3カ月~産後数日の間、女性ホルモンのひとつ「リラキシン」が卵巣から分泌されます。
これは出産を助けてくれるホルモンで、赤ちゃんが産道をスムーズ通れるように骨盤を柔軟にしてくれます。ただ、そのために逆に骨盤の歪みが生じたり、産後も骨盤の開きが残ってしまったりします。

骨盤に歪みが生じると、身体が全体のバランスを取ろうとするため、「肩のラインが傾く」「猫背になる」「お尻が垂れる」「足がむくみやすくなる」「下半身が太りやすくなる」など、全身のあらゆるところに影響が及び、プロポーションが崩れる大きな原因となっています。
また疲れやすくなり、生理不順やイライラの要因になることもあります。
美容と健康のため、またお子さんのことを考えれば、産後の骨盤矯正は必要不可欠といえます。

投稿者: アット接骨院

2015.03.29更新

接骨院へと来院される際、多くの方は体に何らかの不調を抱えているはずです。
そうした痛みや違和感を、少しずつ軽減させていくのが私たちの役目ですが、どのような治療を行い、どれくらいの期間通院が必要なのかなど、患者様にとっては気になることも多いことと思います。

患者様が抱いているこんな不安を軽減するため、当院ではカウンセリングの時間を重視しております。
体のどの部位にどのような不調を感じているのかを、じっくりとお聞かせください。
丁寧に対応させていただきます。

久喜市に有りますアット接骨院では、患者様がリラックスして過ごせるよう配慮しています。
体の不調を感じたときには、無理をせず、ぜひお早めに相談してください。
あなたの不調に寄り添います。

投稿者: アット接骨院

2015.03.28更新

患者さんから、よく身体の一部を指差され「ここはなんなの??」と質問をされる事があります。
今回は、そんなみなさまが気になる筋肉の名前と役割を書いていこうと思います。

統計を取っているわけでは無いので感覚ですが、一番そういう話題になるのは"腸腰筋"でしょうか。
場所としては腰椎から骨盤の中を通り大腿骨の近位に付く筋肉です。骨盤の前の出っ張りの内側辺りの筋肉と言えば「あれかー、あの痛い所!」となる患者様も多いのではないでしょうか。
実は"腸骨筋"と"大腰筋"という二つの筋肉を合わせ"腸陽筋"と呼んでいます。インナーマッスルとしても有名ですね。
働きとしては股関節の屈曲です。モモアゲなどで使われる筋肉ですね。短距離走の選手なんかはとても発達しています。

次は"臀筋"と"梨状筋"辺りが多いかなと感じます。
どちらも臀部の筋肉で、臀筋は大臀筋・中臀筋・小臀筋と三つに分かれています。それぞれ微妙に役割が違いますが、股関節を後ろに動かすのと、前後に回す、少し足を開くといった動作を担当しています。
大臀筋と中臀筋がお尻全体を覆い、その下に小臀筋と梨状筋が隠れてる感じでついています
梨状筋は坐骨神経の上を通っているので、坐骨神経痛の原因となっている筋肉として有名です。

今回は腸腰筋・臀筋・梨状筋を紹介させてもらいました。気になる筋肉があれば、また紹介していこうと思います。

投稿者: アット接骨院

2015.03.28更新

産後の骨盤はなぜ広がる?

妊娠初期よりリラキシンと言われるホルモンの血中濃度が高くなり、仙腸関節を緩めます。仙腸関節が歪むことで、妊娠中の腰痛やお腹の張り・恥骨の痛み・脚のつけ根の痛み・坐骨神経痛・逆子にまで影響すると言われています。
出産時の仙腸関節がいちばん緩く半年程で落ち着いてきますが、同時に生活の習慣次第で広がり癖・歪み癖がついてしまう時期でもあります。
産後の骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正して腰痛その他の症状を防ぐのが狙いです。
当院の産後の小尻骨盤引締め矯正は、適切な時期に産後広がった骨盤を引締めておくことで、大尻・下半身太りを防ぎ、キュッと締まった小尻~スリムな下半身を目指すための矯正です。
能となります。

投稿者: アット接骨院

2015.03.28更新

☆予約制ですか?
久喜市のアット接骨院は、予約制で行っております。急患は随時診療しますが、予約優先で行うため若干お時間を待ってもらうことがあります。
電話での予約ができますので、まずはお電話をお願いいたします。

☆接骨院で交通事故は治療できますか?
はい!交通事故での治療も行いますので、まずは取り急ぎ保険会社に連絡するとともにアット接骨院にご相談くださいませ。

投稿者: アット接骨院

2015.03.28更新

久喜市のアット接骨院では患者様へのカウンセリングをしっかりとさせていただきます。情報をしっかりと拾うことで患者様にとって一番の良い施術を行うことができるからです。拾った小さな情報から痛みの根本を見つけ出し、しっかりと根本的に対してアプローチし、対処いたします。

投稿者: アット接骨院

2015.03.24更新

多くの産科で、母体の健康のために必要と言われています。
出産時は恥骨結合が開き、骨盤も広がり、股関節にも大きな負担をかけます。
お産が終わると、骨盤は正常な元の位置に戻ろうとしますが、出産前と同じ状態に自然なることは無理です。恥骨結合は元の位置に戻るのに1ヶ月位かかります。その後、骨盤を正しい状態に整え、同時に姿勢も整えます。
アット接骨院では、カラダをボキボキ致しません。患者様に合わせた施術方法で行いますので、一度ご相談ください。

投稿者: アット接骨院

2015.03.23更新

久喜市アット接骨院です。カイロ(アクティベーター、トムソンベット)を得意としております。痛みは筋肉の硬さや、関節の動きの悪さからくるものですが、元をたどれば体の歪みから引き起こされることが多いのです。当院ではまずは患者さまのカラダ全体の歪み、ズレをチェックします。そして、バランスの良い身体(軸)に矯正します。

しかし、1回矯正すればそれで根本的な改善にはつながりません。
背骨・骨盤・関節のズレは日常生活(習慣)のクセで引き起こされるので、矯正してもまた悪い状態に戻ろうとします。急激に戻るわけではなく、時間をかけて徐々にです。ですから、歪んだら治す、歪んだら治すを繰り返すことによって良い姿勢がクセ付くようになり、根本治療となるのです。

本気で身体の痛みを取りたい!治したい!という方はぜひ当院の全身矯正メニューをお試しください。

投稿者: アット接骨院

前へ
アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ