アットブログ

2021.03.22更新

この間の土曜日に、また大きな地震がありましたね。久喜市でも震度4、震源地の方では震度5強。津波の心配までありました。

 

こういう事があると、やはり備えとかないとなーという気がしてきます。非常持出袋を見直す良い機会です。
そこで今回は、非常持出袋に入れておきたい『ファーストエイドキット』の話です。

 

ファーストエイドキットは、いわゆる応急処置用の道具を詰めたものです。キャンプや登山に行かれる方は、作っている事が多いと思います。災害時で必要になるのは「自宅に戻るには危険があり、しばらく救助が望めない状態で怪我をしてしまった……」みたいなガチめなシチュエーションです。

 

今回は基本的なセットをヨーカドーの100円均「キャンドゥ」で揃えてみました。全部で1540円でした。

FAK全体

 

・入れ物のクリアケース

 

・ガーゼ

 

・ゴム手袋

 

・タオル

 

・除菌シート

 

・絆創膏

 

・アルコールスプレー

 

・サージカルテープ

 

・穴開きのペットボトルの蓋

 

・伸縮包帯

 

・テーピング

 

・ハサミ

 

このセットでできるのは、切り傷・擦り傷・捻挫・骨折・打撲の処置くらいです。しかしこうした怪我の処置を怠ると、予後が悪かったり動けなくなったりしますので、すぐに救助を望めない災害時では致命的です。

 

今回はクリアケースを入れ物に採用しましたが、一目でファーストエイドキットだと分かる外観にしておくと、自分以外の人でもスムーズに非常持出袋から取り出せるので以外と重要だったりします。あと防水性能も。でも、ちょっと大きすぎましたね。かさばりすぎる。

 

出血している所を処置する可能性を考えると、ゴム手袋は必須です。無ければビニール袋などでも良いので、とにかく体液には触れないようにします。

 

穴開きペットボトルの蓋は、傷口を洗い流すときに使います。水の入ったペットボトルに装着する事で、簡易的なシャワーになるので傷口を洗い流しやすくなるし、水も節約できます。

 

包帯・テーピングは、できれば伸びるのと伸びないのが両方ともあるとなお良いです。

 

また上記に加え、

 

・止血帯(伸縮包帯で代用可)


・ヘッドライト(非常持出袋には入れておきたいです)

 

・三角巾(上肢を吊ります)

 

・人工呼吸用シート

 

・鎮痛剤や下痢止めなど

 

といったいずれも100均には無かったアイテムも入れておくと、もう少し安心感があるかもしれません。

 

登山やキャンプに行く方は、用意していると思います。しかしたまにチェックしたり見直したりも大事です。
準備していない方は、この機会に作ってみても良いですね。

 


-----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  頭痛・産後骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・スポーツ障害・
  捻挫・交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央アット接骨院(併アットカイロプラクティック院)
  TEL:0480-21-6899

投稿者: アット接骨院

entryの検索

カテゴリ

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ