アットブログ

2017.10.30更新

 寒くなってくると身体に様々な不調がでてきます。足が、特にふくろはぎがつりやすくなってくる方も多いのではないでしょうか?「こむらがえり」とか「こぶらがえり」とか呼ばれている症状です。ふくろはぎの筋肉が痙攣してしまい、痛くて動かせないつらい症状です。

 

 つるのには様々な原因があると言われています。疲れや冷え、水分や栄養の不足などが主な原因と言われています。
 疲れがたまってくると筋肉が硬くなります。さらに冷えてくると血管が収縮してしまい血行が悪くなってしまいます。寒くなってくるこの時期は水分を取らなくなる傾向があるため、この時期はつりやすくなる時期と言えます。
 ちなみに栄養では、ミネラル(カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなど)やビタミンB1タウリンなどが不足すると、つりやすくなるみたいです。
 また妊娠中は、体重の増加や重心の変化などで足に負担が増すのと、お腹周りが圧迫されやすく血行が悪くなるのと、胎児に栄養を与えないといけないので栄養不足になりやすいため、つりやすいと言われています。

 

 あしがつる予防法としては、日頃から疲れをため込みすぎないのと温める事、そしてしっかりと栄養を摂ることが大切です。食べ物でいうと、ナッツ海藻類などがミネラルを補給しやすいと思います。ビタミンB1は、牛乳緑黄色野菜豚肉お蕎麦などでも摂れるようです。また血流の悪さは、骨盤や足回りの矯正によって改善が期待できます。併せて歩く時の負担も軽減できますので、是非ご利用ください!

 

  -----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

 

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ