症状別ブログ

2017.07.24更新

 肩こりも重度になってくると、頭痛や首の痛みにも繋がります。首や肩の位置や、腕の使い方、骨盤の状態など様々な要素が組み合わさり生じます。メジャーな原因となる筋肉として『僧帽筋』があります。僧帽筋は、後頭骨(頭蓋骨の後ろの方)から始まり、首を通り肩峰や鎖骨についているので、肩だけではなく首の痛みや頭痛の原因にもなりやすい筋肉です。

 

 今回、来院された患者さんも僧帽筋がとても固くなっていて、頭痛も訴えていました。首の左右回旋も右側が特に向きにくいとのことでした。

 

 施術の方向性としては、肩と首を矯正し、骨盤も前傾気味だったので整えます。その後、原因となる筋肉をほぐしていきます。そして最後に後頭骨を緩める事で大分楽になるはず……ですが、それだけでは不十分だろうと感じていました。
 その場では肩の張りは取れるし、首・肩ともに動きやすくなりますが、頭痛が出ているので症状としては重い分類になります。

 

 初診では、前述の通りの施術をし、肩こりを起こさせないよう生活の中で少し運動を取り入れてもらいました。そして二回目の来院では、やはり肩こりはだいぶ取れたものの頭痛は残ってしまっていたので、頭蓋骨の矯正も加えました。三日ほど期間をあけて三回目の施術では、肩こりは夕方に少し感じる程度、頭痛に関してはスッキリしてる時間が多くなったとの事でした。頭蓋骨矯正は3~4回受ける事で頭痛・首・肩こりに効果的だというのをお伝えして、また三日後にきてもらう事にしました。

 

 肩こりは生活の中で姿勢に気をつけ、少し運動をするだけでも取れてきます。血行をよくする感じです。ただ頭痛や首の方まで痛くなってくると、それだけでは難しくなってきます。そうなる前に、適度に肩周りを動かし、姿勢に気をつけ肩こりの無い生活をしましょう!


  -----------------
  予約優先 夜間20時まで診療 ヨーカドー前
  産後の骨盤矯正・頭蓋骨矯正・腰痛・捻挫・スポーツ障害・
  交通事故傷害・むち打ち症などご相談ください
  休診日 水曜・日曜午後(14:00まで診療)、祝祭日
  久喜市久喜中央のアット接骨院 0480-21-6899

 

投稿者: アット接骨院

アット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせアット接骨院 TEL:0480-21-6899 メールでのお問い合わせ

TEL:0480-21-6899

メールでのお問い合わせ